JOKER'S GREED

シンプルに、クレバーに、スマートに生きたいと常々思う

ペン活に終止符を

このブログでもわかる通り俺はペン類が好きで、ついつい買い足している。

年間通すと馬鹿にならない金額を使っていることになる。

しかも高くて1万円台後半のペン。

人によっては気分で使い分けたりする方もいるかもしれない。

それはそれでお洒落な使いこなしだと思う。

ただおれに限っては購入後半年程度で飽き、二度と使わなくなるパターンが多い。

「無駄だ」

ついに俺は憧れのボールペンを購入し、くだらない無駄遣いに終止符を打つと決めた。

マイスターシュテュック プラチナ クラシック ボールペン

モンブラン マイスターシュテック クラシック プラチナコーティングだ。

昔からモンブランは憧れていた。

このデザインは普遍性を感じ、「人と違うもの」といつも言っているが、これは例外だ。

まさに一生ものとし、息子に形見として渡すつもりで愛用しようと思う。

年収も低い小遣い制の俺にはすぐに手が出せる代物ではない。

小遣いを少しずつ貯金し、購入しようと思う。

今の社会ステータスにはふさわしくないが、今後上昇する気持ちも込めてあえて買おうと思う。

購入後、改めてブログに書くつもりだ。

スタバ アフターコーヒーミント

俺はコーヒーが飲めない。

スタバとは無縁の生活だったが、ネットでこれを見つけ、欲しくなり嫁さんに頼んで買ってきてもらった。

f:id:cowcowfinance1223:20170521154505j:image

店によっては品薄状態らしい。

単純にお洒落だし、イオンの詰め替え用のタブレットをぶち込むと経済的にも良い。

すごく満足だ。

 

 

REGALの革靴

雨用の革靴がボロボロになったので、購入。

f:id:cowcowfinance1223:20170506154742j:image

ガラスレザーのゴム底だ。価格は24000円くらいで、まあまあの価格。内羽のストレートチップなので、冠婚葬祭でも使える。

マッケイなので、不安があったが店員さんが言うには、2回くらいはオールソール出来るらしい。グッドイヤーは3-4回可能らしいが、だいたいその前に革自体がだめになるらしい。

一生モノとは考えてないのでこれで充分だ。

 

また、これに合わせてシューツリーと靴ベラも購入。

samiglioのシューツリーはアマゾンで2298円。シューツリーは木素材で湿気を吸収し、脱臭効果もあるようだ。

 

リーガルの携帯靴ベラは100円だ。

仕事柄靴の着脱が多いので、これは使える。

 さて、節約生活に移るとするか。

 

BRIEFING TOMORROWLAND別注

物欲がとどまることをしらない。

元々出張が多いため、大容量のブリーフケースを探していて、これに辿り着いた。

f:id:cowcowfinance1223:20170423104811j:image

TUMIと迷っていたが、TOMORROWLAND別注のグレー色に一目惚れした。

BEAMS別注ブルーも良かったが、グレーのカバンは街で意外と見られない。

『人と違うモノ』を信条としている俺に迷いはなかった。

かなりの収納力があり、細かく仕切りもある。

キャリーケース接続のバックルもあり、俺の中では完全に出張仕様だ。

さて、完全に金欠状態になったぞ。

 

 

最近読んだ本のアウトプット

高校生くらいまでは、狂ったように読書をしていたが、それ以降読書を怠っていた。

スマフォが世に出てからはそれが加速し、くだらない2chまとめなどに没頭していた。

しかし、最近また読書癖を復活させた。理由としては下記があげられる。

1.主に仕事上の視野が狭くなった。

2.出張中の時間潰しを苦痛に感じてきた。

3.頭の回転が悪くなった。

そこでiPhonekindleをDLし、ビジネス本を中心に読みまくっている。

特によかった作品を皆様にご紹介したい。

 

 

まさに目から鱗である。自社の周りの環境を確認する意味でも、是非思考し、場合によっては紙に書き出ししながら読むことをおすすめする。

 

わがセブン秘録

わがセブン秘録

 

 

さすがコンビニ業界をリードするセブンイレブンの元社長。品質にこだわる姿勢は素直に感銘した。

 

マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書

マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書

 

 

コンサル会社にちょっと憧れてしまった。

また良い本があったら本ブログで紹介したい。

パーカージョッター コアライン

どうもペン好き病が治らない。

一本のペンを愛着を持って長く愛用できない。

これは小学生からの不治の病いである。

今回はこれを購入。

f:id:cowcowfinance1223:20170401132425j:image

ついこの間、映画『戦火の勇気』でデンゼルワシントンが使っているのを観て、ぼんやり意識していた。

パーカーのオーソドックスなスタイルだが、従来のプラスティックではなく、全面ステンレスである。

色は自分にしては珍しく赤を選択。

早く病いを治したいものである。

オメガシーマスターのオーバーホール

愛用してたオメガが今日オーバーホールから無事帰還した。

f:id:cowcowfinance1223:20170330203414j:image

お願いしたのはウォッチホスピタルさん。

見積もりするのに、宅配ボックスを送って頂き(着払い、見積もり無料)、2/18に送ってから一カ月ちょい。

見積もり内容は、下記の通り

分解掃除 ¥ 18000
パッキン交換 ¥1500
内装パーツ※最大で ¥4500
防水テスト ¥0 サービス
消費税 8% ¥ 1920
合計金額 ¥25920

しかし、結局は内装パーツには問題なく、念のため自主的にゼンマイ交換(5000円)はしてもらった。

値段も良心的で、対応も丁寧なウォッチホスピタルさん、オススメです。

また、15年くらいオーバーホールなしで、酷使してきたのに、時刻の遅れ以外の不具合がなかったことに驚いている。

機械式時計は一生モノと改めて実感した。

久しぶりに腕に巻き、ゼンマイを手巻き。

するする巻ける。オーバーホールの効果なのだろう。

以前購入したベンチュラは暫く休暇になりそうだ。

写真を見ると改めて傷だらけだ。ポリッシュサービス(オーバーホールと一緒だと18000円)も考えたが、傷は共に修羅場を乗り越えた証。

これからも同じ時を刻もう。よろしく、相棒。